追いかけたのは心だけ。

風立ちぬ秋の心変わり 突然のサヨナラ

山河燃ゆる頃溜め息さえ 消えそうな恋唄

 

時は経ち人は傷を押さえ また夢見てしまう

愛は去りやがて凍える手に 白く白く白く

…雪模様

 

 

 

古い時計が回りだす 忘れてた痛み

 

胸の高鳴り

沈黙を破る刻み

 

腕を伸ばせばいつもの様に

抱き寄せられそうで

 

隣り合う駅 逆向きの汽車離れてゆく

 

 

 

ゆらり揺らめいて あなたの影が散る

別れの声に まだ震えてる

 

 

 

 

 

 

 

 

------------

 

 

 

 

 

新宿から離れた。

 

 

それだけ。

 

 

 

 

 

 

あいたくない

 

 

あいたくなんかない

 

 

そんなこと望んでない

 

 

 

 

本当にそう思っていた。

 

 

 

 

 

ほんの数時間前の話。

 

 

 

 

今は彼氏と住む家で

 

夕飯の支度をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

触られたくて

 

笑って欲しくて

 

 

 

仕方ないのは

 

 

なんでなのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今更。

 

 

君の不在が

 

 

心を潰してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

触って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀河鉄道の夜に。


世界はいつも取りかえしがつかなくて
僕たちはいつも思いがけない


あたたかいギターは

夜を冷やす


曇った君の声は

僕を走らせる

 

走らせる

走らせる


信じますか よどみ続ける愛を


ハロー、

今、君にすばらしい世界がみえますか

 

 

 

 

---------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの時あった

あのどうしようもない感情。

 

 

あの時

 

確かにあった、私の心を、体を、

動かした感情。

 

 

感情、よりも

 

熱に近かった。

 

 

あの時、あの日、あの場所で、

 

君の目に映った私は

 

綺麗でしたか?

 

 

 

 

あいたい、よりも

 

あえない、って言葉の方が悲しく響く。

 

 

 

だから

 

今はあいたくないよ。

 

 

 

 

心はべつのなにかで

 

満たされてるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10/24。


疲れ果てた体で眠りについた君を


僕は息をひそめて見ていた


世界中でただひとり僕だけが知っている


無防備で愛しい横顔

 

 

 

---------

 

 

 

 

 

 

横断歩道の先で

 

私を待ってる姿が

 

愛おしくて

 

 

愛おしくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君に抱かれている間は

 

 

ただただ

 

しあわせでした。

 

 

 

 

 

ロンサム。


こぼれた秘密

濡れた首筋


哀しみが映り込む瞳


君が迷わせ

僕が踊らす


その肌を鮮やかに染めて

 

 

 

 

約束など交わせずに

 

朝焼けに目を伏せた

 

 

 

 

 

 

 

 

---------

 

 

 

 

 

 

 

触れたい

 

さわりたい

 

 

 

もうぜんぶなにもいらないから

 

 

 

さわりたい。

 

 

 

 

でも

 

欲しくない。

 

 

 

私の人生にはいらない。

 

 

 

 

 

 

入ってこられたら

 

 

 

すべて失ってしまう。

 

 

 

私には

 

仕事があって

 

仕事以上になるヒトは要らないんだよ。

 

 

 

なのに

 

 

どうしてだろう。

 

 

 

 

 

毎日を共に暮らしている人には

 

触れたいとさえ

 

さわりたい、とさえ

 

思わないのに。

 

 

 

 

 

さわりたい

 

 

さわられたい。

 

 

 

五年暮らした人に

 

さわられたら

 

 

手を払う私です。

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

君には

 

 

さわられたい

 

 

さわりたい。

 

 

触りたいと思われたい。

 

 

 

 

エステに骨盤矯正にヨガにネイルに美容室に。

 

 

 

 

君に身体を撫でられたいだけ。

 

 

 

 

 

撫でられたいだけ。

 

 

 

 

 

 

酒足んないな

 

 

飲まなきゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君が飲み込んでくれたら

 

 

いいよ。

思えば遠き日結った髪も。

 

殺めないでと
憎しみで一杯の光景を睨み返して
その塊を果敢に解くのさ


「夢を見る拙さか」麗しき寝顔に問う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚悟がないから

 

一緒に生きる場所は遠くへ

 

流そうよ

 

 

 

そもそもそんなものが

 

あったわけではないので

 

必要も無い約束だけを

 

君としたい

 

 

 

 

焦がした胸が

 

すべてを破壊するなら

 

 

嘘ばかりの時間に

 

嘘だけを話そう

 

 

 

 

頬をなぞる君の指が

 

恋しい

 

 

 

 

なぞられた首筋を

 

自分で触ると

 

君の匂い

 

 

 

あの淡い皮膚と薄い光を

 

いまも欲してる

 

 

 

f:id:hemiorphite:20171001163534j:image

 

 

熱を消してる。


手探りで感じては


揺られて 溶けあう ぬくもり


どこからが君なのかわからなくて
どこまでが僕なのかわからなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ元に戻らないと。

 

 

心の隅っこが

 

いっぱいになっちゃったよ。

 

 

 

元に戻って

 

今まで感じなかった事を

 

感じる前の私が

 

私を待ってる。

 

 

 

 

 

終わりにしたくないから

 

このまま

 

今の形のまま

 

動かさないまま

 

 

閉じ込めていてくれたら

 

 

このままで

 

 

でいられる気がしてる。

 

あれから 君だけを纏う。

 

 

幻こそ Won't let you go
捨てれるなら Reset it now


Stop 巻き戻し Your melody
8 nights 7 hours

あれから
君に溺れてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----

 

 

 

君の代わりをみつけたフリをして

 

君の代わりのような匂いと姿に

 

君の代わりに愛されてみて

 

君の代わりじゃないことに気づいたけど

 

ぬくもりだけは君の代わりだった

 

 

 

ような気がして

 

 

 

そのまた君の代わりがいたりして

 

その代わりには誰もなれなくて

 

それは君の代わりも君も同じで

 

 

私のなかは

 

なにもなくなったけど

 

 

家に帰れば彼氏がいたりして

 

 

 

君と

 

君の代わりの人と

 

またその代わりの人と

 

どうやって息をしよう。