つめたい手。

抜けていく。

 

 

心から、すとん、と。

 

 

 

抜けていったことに気付いたから、

 

ああ、このまま抜けていくんだと

 

思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事は

 

私からすべてを抜き去って

 

心を満たす。

 

 

たっぷりと。

 

 

 

 

記憶と圧。

 

寄り添って愛と呼び壊れないと信じていても

錆付いた快楽は何処から期待したって

亡きものなのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

---------------

 

 

 

 

 

 

 

 

からっぽの私は

 

仕事をして酒を飲んで

仕事のことばかり考えて酒を飲んで

彼女業務をして酒を飲んで

事実婚生活を続けて酒を飲んで

 

君にあえない日を生きていて

 

 

あんなに苦しいほど

ぞんだ君を

 

もう心の中の記憶でしか

 

あいせなくなってしまって

 

 

その苦しさに

 

また酒を飲んで

 

 

仕事は繁忙期を迎え

 

予算との戦いの中で

 

部下育成の上での意見のすれ違いに

 

神経は摩耗していくから

 

 

また酒を飲んで

 

 

 

 

いつの間にか昔の仲間の店にいた。

 

 

 

そいつは変わらず私を昔の名前で呼ぶ。

 

 

もうあの頃の私はいなかったけど

 

夜の街には私がのぞんでるものが

 

少しだけ落ちていて

 

 

四軒目の店の終わりに

 

また私は圧を受け入れる。

 

 

 

うずくまる背中に

 

数ヶ月前に微笑んでくれたひとの

 

圧。

 

 

 

その後は転がり落ちる。

 

 

 

転がり落ちたその先で

 

頭を撫でて

 

身体を包んでくれた腕の圧。

 

 

 

 

 

君とは違うぎこちなさで

 

君とは違う若さで

 

君とは違う匂いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽炎や蜃気楼の様に。


あのひとが隠し事するなら
それが罪業じゃあないか
なにが不幸か幸せかは
だれもわかりんせん

 

 

勝手に立ち去って行くものを
なにも引き留めないわ
連れてって焼いたり煮たり
さあ、お気に召すまま

 

 

------------------

 

 

 

 

 

ああ

 

ビールが美味しいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売上はいつものように

 

当たり前のように

 

一番。

 

 

 

だけど

 

なんだか

 

楽しくないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんにも欲しくない。

 

快楽が消えてしまう?

 

 

 

 

そんなの嫌。

 

 

 

飲まなきゃ。

 

 

酔いたいなあ。

 

 

酔うために

 

飲むのは

 

 

しあわせ、だよ。

 

 

敷き詰めた幻に。

 

 

 

なくなってしまった。

 

あの確かにあったはずの

私の中の感情。

 

それがなくなってしまった。

 

 

それだけはわかる。

 

 

だから

 

かなしい。

 

 

 

 

 

夜になる前に伝えたかったよ。

 

朝から空が。

 

 

空が。

 

 

空が綺麗だったので

 

会いたくなりました。

 

 

違う?

 

 

 

起きてるのかも

 

寝てるのかも

 

誰といるのかも

 

興味無い。

 

 

 

言葉にしたら

 

全てが"真実"。

 

 

 

そうなってしまいたくない。

 

 

 

言葉じゃなくて

 

心じゃなくて

 

感情が

 

止まってくれないんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空を見ながら

 

思いました。

 

 

 

切ない、

 

会いたい、

 

どこにいますか、

 

だれといますか、

 

ひとりですか、

 

あいたい、

 

さわりたい、

 

さわられたい、

 

 

この気持ちは

 

また

 

きえてしまいますか、

 

 

 

いとおしい、

 

このきもちは、

 

いつか

 

きえてしまう、

 

 

 

だから

 

 

だから

 

 

 

言葉にしました。

 

 

 

また

 

きっと

 

きえてしまう

 

この感情を

 

きえてしまう前に

 

伝えられたら、と

 

 

おもったんだよ。

 

 

 

 

 

私は

 

今の私は

 

今この瞬間の私は、

 

もう

 

 

いつかきえてしまうから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなしくて

 

せつなくて

 

なんて愛おしいんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

キリノナカ…。


恋の相手なら まだ救いがあったのかも
お互い惹かれ合う 理由だけが言えないだけ


見知らぬ同士なら まだ罪が軽いけど
堕ちるまで堕ちて 何もかもを滅ぼして

 

壊れてゆく 壊れてゆく

綻びから

 

断ち切れない 断ち切れない

でも愛してる

 

 

 

 

 

---------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体力、気力共に限界値に近いので

 

抱かれたくなります。

 

 

 

仕事を

 

仕事を愛していて

 

仕事を

 

仕事を擦り切れる程にしたいから

 

 

その後は

 

その後は貴方に会いたい。

 

 

 

今日も明日もずっと

 

暮らしの中にいる彼氏ではなくて

 

遠くの貴方に。

 

 

 

 

 

今日は寒いから

 

寒いままで

 

一人でいて。

 

 

 

 

会いに行くから

 

 

そのままで

 

 

そのままで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------

 

 

 

 

 


恋の予感に 心震わせ
怯えてたのは よろめく2人

 

恋の予感に 心震わせ
怯えてたのは よろめく2人

 

 

 

 

 

追いかけたのは心だけ。

風立ちぬ秋の心変わり 突然のサヨナラ

山河燃ゆる頃溜め息さえ 消えそうな恋唄

 

時は経ち人は傷を押さえ また夢見てしまう

愛は去りやがて凍える手に 白く白く白く

…雪模様

 

 

 

古い時計が回りだす 忘れてた痛み

 

胸の高鳴り

沈黙を破る刻み

 

腕を伸ばせばいつもの様に

抱き寄せられそうで

 

隣り合う駅 逆向きの汽車離れてゆく

 

 

 

ゆらり揺らめいて あなたの影が散る

別れの声に まだ震えてる

 

 

 

 

 

 

 

 

------------

 

 

 

 

 

新宿から離れた。

 

 

それだけ。

 

 

 

 

 

 

あいたくない

 

 

あいたくなんかない

 

 

そんなこと望んでない

 

 

 

 

本当にそう思っていた。

 

 

 

 

 

ほんの数時間前の話。

 

 

 

 

今は彼氏と住む家で

 

夕飯の支度をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

触られたくて

 

笑って欲しくて

 

 

 

仕方ないのは

 

 

なんでなのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今更。

 

 

君の不在が

 

 

心を潰してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

触って。