君だけを切り取って。


BLESS

 

風に揺られ  舞い上がった


君のシルエット

 

CAN'T TOUCH YOUR HEART

 

 


BREATH

 

呼吸も忘れ 見た君のFACE


どんな星より  遠く感じて


MY LOVE...

 

 

 

まぶたの奥で

 

MY LOVE...

 

輝いてた

 

 

 

 

 

 

キャリアになっていく独身異性の友達の話。

 

 

顔が優しくなった既婚異性の友達の話。

 

 

育児又は妊活している同性友達の話。

 

 

頭が巡る。

 

 

 

 

評価、就任、そして転勤、出世。

 

手放したのは何故か。

 

 

 

 

この生活、この今の生活に

 

"以上"はそこそこで足りる、

 

なんて私はどうして思うようになったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式に参列するたびに

 

いろんな思いが産まれる。

 

 

 

 

何回行っても苦しさと、喜びが溢れる。

 

 

中学、高校、大学、それ以外も含め。

 

呼んでもらえる喜び。

 

 

"あの想い"たちが

 

きちんと存在してくれてること。

 

 

 

しあわせだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

かなしみはきえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、なんかやっぱり。

 

 

とてもあなたに

 

あいたい。

 

 

 

 

f:id:hemiorphite:20170628002410j:image

 

 

 

GAME。


言って

 

きっと痛みだなんて幻想だって


言って

 

こんな私だなんてらしくないよって


言って

 

じゃなきゃ温もりをまた求めちゃうから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイには行けない。

 

生きている場所は勿論いつも違う。

 

 

 

私は、

 

私の毎日を生きるだけで精一杯。

 

 

 

 

思いやり、の

 

その先を考えるだけで精一杯。

 

 

 

いや、違う、言葉がちがう。

 

 

 

中間管理職。

 

 

みんなの、生きがい、になる

 

職であって欲しい。

 

 

 

 

私は心から

 

そう思っているから

 

そう

 

思うだけだよ。

 

 

 

 

それが

 

 

エゴになりませんように。

 

 

 

エゴになりませんように。

 

 

 

 

私は

 

 

私は中間だからこそ

 

 

エゴになりませんように。。。

 

 

 

 

 

 

あー酔ったなあ。

 

 

 今日は肉豆腐と納豆オムレツだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はやく

 

日時指定してよ。

 

 

 

あいに

 

ゆくから。

 

 

 

 

酔ってるなあ。

 

 

 

 

 f:id:hemiorphite:20170620233704j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

粘着質 tasting soda。

移りゆく季節のその先に何があるの?
失くしたものより大切なものかな?

 

例え君が全てなくしても 怖がることないよ
無駄なものなんて何一つないさ

まぁ綺麗事かな

 

何もかもを信じきれぬ空っぽの心を救った 

すり切れた約束

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウアーーーーーーーーーーー

 

メンタルーーーー

 

 

 

 

どーにもならないことばっか考えてる

 

楽しくならないことの引き出しばっか開けてる

 

 

いみのないこと

 

ばっかだ

 

 

考えなくていいこと

 

ばっか

 

 

 

PMSなのはわかってる

 

だけどそうじゃなくて

 

元々こーいう人間だったんじゃないかとか

 

おもう

 

 

 

いみない

 

 

元々こーいう人間だったとしても

 

なんの問題もないでしょう

 

 

 

 

ほんとそうなのに

 

 

 

 

 

 

 

 

店長がバイトになにかいってる

 

社員の私はきこえないふりをする

 

きかれたくないよね

 

おこられてるとこなんて。

 

 

 

 

あとでやさしくしてあげよう

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hemiorphite:20170601162812j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上手に生きるとか、向いてないから辞めたんだ。

 

 

 

 

どうか、どうか

 

 

うまくいきますように。

 

 

 

 

 

 

成功だけを、祈ってます。

 

 

 

 

内緒話をしようよ。


惹かれあう強さも  振りほどく強さも
同じくらいなんて切ないね

 


どうかせめて  最後まで突き通して
それが嘘でも 真実でも

信じるから

 

I've never felt such emotion.

Have you ever felt such emotion?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー

 

雨。

 

 

はやくかえってビール飲も。

 

 

 

今日は私の日だった。

 

変わらずに顧客さんにたすけられた1日。

 

 

顧客満足度

 

上げたい。

 

 

思いやり

 

ではなく

 

想い

 

を大切にしたい。

 

 

 

 

 

 

ヒトの想いは

 

存在しないものでは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「やっぱり君には孤独が似合うから

幸せになんかしてあげないよ」

 

強がったのは

眠ってた恋心が


うずきだして

あばれだして

苦しいから

 

 

 

 

f:id:hemiorphite:20170525194134j:image

96。

なんて綺麗な形なんだ
弓なりに曲がった心


まるで三日月みたいに
反対側がまだ悲しい

 

 

そばにいる様な気がした
抱く 抱く 抱く のは 自分だけ

 

 

なんら不思議なことはない
なんら変わったこともしない


ただその愛しさに負けて
抱き合った様な絡みになる

 

 

すり減った感情 覗く 迎合
君は君であって僕ではない

 

 

かたちを変える勇気はないや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりました。

 

 

やっと帰ってきてお風呂。

 

準備して出勤か、もう。

 

 

 

ああ

 

おわってしまった。

 

 

 

もう

 

おわってしまった。

 

 

仕事があるんだ。

 

 

だから仕方ない。

 

 

もう、みられない。

 

 

おわってしまったことは仕方ない。

 

 

 

 

 

あんな人たちを見た。

 

素晴らしいひとたちを見た。

 

 

わたしも

 

自分の仕事でお客様を満足させたいと思った。

 

 

どうしようもなく、

 

全てが美しかった。

 

 

 

言葉も

 

動作も

 

そして何よりも演者ひとりひとりの目が

 

うつくしかった。

 

 

 

 

ねもとさんは

 

きっといろんなものを

 

透けて濃く感じるひとなのだろう。

 

 

そんな気がした。

 

 

 

今日も

 

れなのことばが耳から離れない。

 

たくとのことばが心から離れない。

 

 

聞くたびに

 

見るたびに

 

 

離れなくなっていった。

 

 

 

 

なんて

 

しあわせなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

仕事に行こう。

 

 

 

 

ヒールはおわりです。

 

いつものスニーカー。

 

 

いつものはじまり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5/1.5/2.5/16.5/17

 

f:id:hemiorphite:20170518092924j:image