読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくら消そうとも頭の中には君のことしか出てこない。

 

 


花のように儚いのなら
君の元で咲き誇るでしょう

 

そして笑顔見届けたあと

そっとひとり散って行くでしょう
 


鳥のように羽ばたけるなら
君の元へ飛んでいくでしょう

 

そして傷を負ったその背に
僕の羽を差し出すでしょう
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたまのなかで

 

思い描いていたものと違う感覚。

 

それすら

言葉遊びのような気さえする。

 

 

ただひたすらに

 

前だけを見据えて

 

揺るがない

 

あの瞳。

 

 

力強いあの目の奥に

 

捉えられたかった。

 

 

 

たったの一瞬。

 

 

一秒にも満たない一瞬でいい、

 

あの熱の中に

 

埋もれてみたかった。

 

 

 

君が生きる世界。

 

君の見ている世界。

 

 

 

いとしくて、しかたがない。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hemiorphite:20170505085217j:image